【ワーキングホリデーのQ&A質問】気になることを経験者がお答えします

これから、ワーキングホリデービザを利用して行かれる方で、「どのような準備をしたらいいのか分からない」・「ワーホリで気をつけておきたいこと」・「ワーホリ前に気になること」など悩まれている方がいると思います。

今回は、そのような悩みにお答えする場所を作りました。以下に書かれたこと以外にも、気になること聞いてみたいことがある方は、ぜひ記事下のコメント欄からご質問ください。

また、ツイッターのDMも解放しているので、こちらからも気軽に質問ください。
➡️フレンのツイッターをフォローする

フレン

気になる分野についてこちらの目次より飛んでみてください。

【ワーキングホリデーのQ&A質問】経験者がお答えします

ワーキングホリデービザに関して

ワーホリビザを申請する時点での年齢が30歳であれば、ビザを取得することができます。
中には、31歳になって渡航をした方という方もいますが、それは、30歳の時に申請/取得を行っていたからです。ワーホリビザを取得してから、1年以内であれば渡航をすることができます。

31歳で海外での生活をしてみたい方は、オーストラリアの学生ビザで渡航をすることをおすすめします。
オーストラリアの学生ビザには、就労することが認められているので、ワーホリ生とほぼ変わらない生活を送ることができます。

ワーホリビザの年齢制限についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にされてください。
【最新】ワーキングホリデーの年齢制限について【31歳以上で海外生活】

各国によってワーホリビザの申請難易度が異なるので、一概に簡単であるとは言えません。オーストラリアやカナダのワーホリビザ申請は他の国に比べて難易度が低く申請することができます。

エージェントを利用すれば代理で申請してくれるので、個人での申請が難しいと思われる方はお願いしてみるといいかもしれません。

個人でオーストラリアのワーホリビザを申請される方はこちらの記事を参考にされてください。
【保存版】オーストラリア・ワーキングホリデービザ申請方法

複数の国のワーホリビザを取得することは可能です。

ただし、1国に対して申請/取得できる回数は1回限りです。何度も取得できるものではないので、考えてから取得しましょう。

ワーホリエージェントについて

個人でワーホリビザの申請や準備を行うことができますが、ワーホリエージェントを利用した方が安心して渡航を行うことができます。

ワーホリエージェントを利用するメリット
  • ワーホリに関する相談(カウンセリング)
  • ワーホリビザの代理申請
  • 現地の最新情報や渡航情報の提供
  • ビザ申請の際のトラブルやワーホリに関するさまざまなトラブルに対応
 まずは、ワーホリの心配なことや無料カウンセリングを受けてみましょう。おすすめは「Global Dive」です。オフィスから遠方の方でも、LINEや電話での相談を受け付けております。

\経験豊富なスタッフ達が徹底サポート/
無料カウンセリングを受けてみる

渡航準備に関して

50万〜70万ほどあればいいと思います。

ただ、国によって、物価が異なるためいくらですとは言えません。また、人の求める生活水準・語学学校に行く行かないで、だいぶ変わります。(人によっては、色々と削って20万前後で行く方もいましたが、危険です。)

私のオーストラリアでの初期費用の詳細については以下の記事で解説しています。
【ワーホリ費用】最低でも初期費用50万は必要です

準備の全体の流れとしては・・・

オーストラリアのように個人情報を提出してすぐにワーホリビザがおりるところもありますが、英語での志望動機を書いて提出しなければいけないところもあります。

 

また、初期費用を貯めなければいけないこともあるので、全体としては半年〜1年はかかります。

各ワーホリ国のビザ情報(ビザ申請方法)についてはこちらでご紹介しています。
ワーホリ参加国のビザ情報一覧

ワーホリの荷物について

 最低限必要なものはパスポート、お金、ビザ、航空券、保険です。あとは、個人として必要なものを持参してください。

こちらの記事でワーホリ生準備の荷物チェックリストをまとめています。
ワーホリの持ち物【チェックリスト】出発前に確認!必需品とおすすめ持ち物

おすすめは、スーツケース1個とバックパック1個です。

ワーホリ生は意外と引っ越しなど移動をするので、荷物は多すぎない方がいいです。

おすすめのスーツケース・バックパックはこちらでご紹介しています。
【ワーホリ・留学用】スーツケースの選び方/容量について 【ワーホリ・留学用】バックパック・カバンの選び方/容量について

公的手続きについて

他国へしばらくの間移住をするので、年金、健康保険の保険料、住民税、転出届などの公的手続きが必要になります。

ただし、転出届けを出してしまうと将来受け取れる年金の金額が減ってしまう可能性があるので、転出届けを出さないこともできます。

詳細はこちらで説明しています。
【ワーホリの役所手続き】住民票・住民税・国民年金・健康保険について

お金の持ち込み方について

手持ちで最初持っていくのは、少額にして(盗難被害を防ぐため)現地で銀行を開設後に日本の銀行からお金を移すと良いです。

また、クレジットカードを2枚持っていくと、もし盗難にあった場合でももう1枚あるので安心できます。

私が持っていったクレジットカードは、三井住友カードのクレジットカード付きのものでした。家族からの送金が無料なので、現地でお金が尽きてしまった際に、引き出すことができて助かりました。。。

三井住友銀行のクレジットカードを作る

現地での住宅家について

私個人としては、シェアルームをおすすめします。

シェアルームでは、いろんな国の方と友人になることができますし、同世代の仲間を見つけることができます。

ホームステイも経験して現地の生活を体験しましたが、ワーホリの間は同世代の仲間を見つけて色々なことに挑戦する方が楽しかったです。

*補足
ホームステイをするとエージェントは仲介料がもらえるので、ホームステイを推してくるところもあると思いますが、自分の予算とワーホリでの自分の目標を考えて選択してください。

大半の場合は、現地のサイトで探します。

海外では、不動産屋にいって探すのではなく、家のオーナーと直接話し合って家を借りる場合が多いです。

写真や文章だけを見て決めるのではなく、必ず見学に行きましょう。中には、事前情報とかけ離れたところがあります。

最初はairbnbやホテルに滞在をして、最初の現地の家を見つけるといいでしょう。家は1〜2週間ほどあれば見つかります。 運が良ければ2、3日(運が良ければ!)

日本にいる間に予約をしていきましょう。世界の大手サイト「Booking.com」で探すと世界中のホテルを金額比較しながら探すことができるので、こちらで探すと良いです。

Booking.comでホテルを探す・予約する

語学学校について

英語に自信がないのであれば、行った方がいいです。ただ、絶対に行くべきというわけではありません。

ワーホリは1年間という限られた貴重な時間です。その間に自分が海外で挑戦したいことが多くあるのでしたら、そちらを優先した方がいいです。語学学校なら学生ビザでもいけます。

エージェントの方と相談をして決めましょう。ワーホリエージェントの方は、現地の最新情報を多く持っています。

エージェントのカウンセリングを受けながら、自分の希望にあったところを選ぶと良いです。

エージェントの無料カウンセリングを受ける

あなたの語学力にクラス分けされ、ネイティブの方が外国語(英語)を教えてくれます。1クラス20〜30人くらいでだいたい12週で1セット(教科書1冊)を終わらせるような流れです。

もし、仮に1ヵ月だけ語学学校に行くとなると下の図のように中途半端な感じになってしまう可能性があります。

ただ、同世代の同じレベルの英語力を持った海外の友人をつくることができます。(ワーホリで語学学校に行くか行かないかわよく考えて決めた方がいいです。)

現地での仕事探しについて

仕事に制限を設けなければ、仕事は見つかります。ただし、海外にでてバリスタをやってみたいなど希望の仕事がある場合は時間がかかるかもしれません。

ローカルジョブで働きたい方は、現地(外国)語をある程度勉強していった方がいいです。海外の方とコミュニケーションが取れなければ、そもそも働けません。オンライン英会話を受けるなどして、相手とある程度会話できるようになりましょう。

おすすめは「レアジョブ英会話」です。ネイティブの方から英語でのコミュニケーションについて学ぶことができます。無料体験レッスンから始めてみてください。

オンライン英会話の無料体験レッスンを受ける

私のローカルジョブの経験(見つけ方、仕事内容、給料)について気になる方は、下記の記事を参考にされてください。
【経験談】オーストラリアワーホリで週1000ドル稼ぐ方法!ローカルジョブ

主には、レストランのウェイターウェイトレス、厨房での業務、ホテルの清掃や観光案内、オーストラリアのファーム、これらでの職に就く方が多いです。

日本で特定の仕事経験がある方は、そういった仕事に就く方もいます。(プログラマーや美容師、調理師など)

他にもどういった求人が出ているか気になる方は、「渡航先名 求人」で検索されると求人広告がでてきます。ローカルジョブを探している方は現地の言語で検索。

ファームの探し方は主に3通りあります。

・友人からの紹介

・現地に行って交渉/履歴書提出する

・ファーム仲介人もしくは会社経由で紹介してもらう(ネットで見つかります)

ファームはあたりハズレにかなり差があるので、しっかりと現地の情報を仕入れてから行くようにしましょう!

パソコンやスマホ・ネットについて

ブログを書く方や日本でもパソコンを頻繁に使う方はパソコンを持っていった方がいいです。また、英語の履歴書を使う際や現地の求人や住宅情報を探すのにも役立ちます。

ワーホリでで使えるおすすめのパソコンはこちらの記事で紹介しています。
【留学/ワーホリ用】オススメのパソコン/タブレット&選び方や必要な性能について【おすすめ】

現地のSIMカードを購入すれば、海外でも使用することができます。

海外のSIMカードが利用できるようにSIMフリーにしてからスマホを持っていきましょう。各キャリアに相談しましょう。

あまりその必要はないです。現地のSIMカードを購入すれば日本にいる時と変わらずネットを利用することができますし、住宅にもWiFiがついているところがあります。

航空券・海外保険について

入っていくことをおすすめします。海外の医療費は日本に比べてかなり値段が高いので、ぜひ入っておきましょう。
国によっては片道の航空券だけで済む国もあります。(オーストラリアやニュージーランドなど)

他の国でも、片道の航空券でも大丈夫かについてはエージェントに聞いてみるといいです。

エージェントに相談してみる

気をつけておきたいこと

家を借りる場合はハウスオーナーが信用できる方かをみておきましょう。

家を借りる際には、保証金(家賃の3週間分ほど)を支払い、何もなければ退居する際に全額返済してくれますが、なかには返してくれないオーナーもいます。

私もよくわからない理由で、100ドル取られました。。。家探しの際は家だけでなく、オーナーの人柄も確認しておきましょう。

帰国後について

オーストラリアでは働いている際に積立て金(退職金)が退職金を管理する会社に預けられています。その退職金は仕事をやめた際ではなく、帰国後に税金が引かれて受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。