【最新】ワーキングホリデーの年齢制限について【31歳以上で海外生活】

「ワーキングホリデー(ワーホリ)の年齢制限は何歳まで?30代でもワーホリをすることは可能なのか?年齢オーバーしていたらできないの?」

という悩みにお答えします。

本記事の内容
  • ワーホリ の年齢制限について
  • 29歳後半のギリホリについて
  • 30歳を超えてしまってからの渡航方法

ワーホリ経験者の私が身の回りにいた30歳以上で渡航されている方々の意見をまとめました。

ワーキングホリデーの年齢制限について

ワーホリ年齢は?

全てのワーホリ協定国では、18歳~30歳までとなっています。

ワーホリビザ申請時に30歳であれば取得が可能です。
例えば、取得をしたのが31歳であっても申請時に30歳であれば問題なく渡航することができます。

また、ワーホリビザは取得してから12ヶ月間は有効です。

年齢がギリギリの方だと・・

【30歳で申請➡︎31歳で取得➡︎32歳で渡航➡︎33歳で帰国】ということができることになりますね

(通称:ギリギリワーホリ➡︎ギリホリ)

 

オーストラリアのセカンドビザ/サードビザ

オーストラリアのビザには、ワーホリ期間を2年に延長できるセカンドビザ・3年に延長できるサードビザがあります。(*申請するごとに3ヶ月ファームで働く必要があります。)

こちらのビザを申請する際も、30歳未満でなければいけません。
31歳では、申請することができないので注意が必要です。

(学生ビザには年齢制限がないので、学生ビザで延長する方もいます)

 

30歳に近い方は早めに申請しよう

ビザ取得時に31歳であっても渡航可能なので30歳前の方はすぐに申請しましょう!

オーストラリアのビザ申請方法はこちら⬇︎

【保存版】オーストラリア・ワーキングホリデービザ申請方法
ポイント!
ワーホリビザ申請はすべて英語です。英語に自信がない、確実に取得したい方はビザ申請代行に頼むといいです。
▶︎ビザ申請代行に頼む

 

また、ワーホリエージェントには申請を代行また手伝ってくれるので、相談してみるのもいいです。
▶︎エージェントに相談する  

オーストラリアも30歳まで

一時期、オーストラリアの年齢制限が引き上がると言われていましたが、35歳まで引きあがりませんでした。

オーストラリア政府はカナダ人とアイルランド人の年齢を35歳まで引き上げることを締結しましたが、日本人はそこには含まれませんでした。

今後、もしかしたら引き上がることがあるかもしれませんが、今のところそのような動きはありません。

▼▼オーストラリア×ワーホリの準備についてはこちらで1から全てご紹介しています▼▼

オーストラリアへワーホリNo.1ガイド|準備方法をわかりやすく解説!

 

31歳を超えてしまったけれど海外で生活する方法

30歳を超えた方もワーホリと同じような生活をおくることができます。

実際に、私がワーホリで働いた最初の職場では、スタッフの半分は30歳を超えていました。

30歳以上でワーホリを行う方法
  • 【オーストラリア】学生ビザで滞在をする
  • 【ニュージーランド】学生ビザで滞在をする
  • 【フランス】学生ビザで滞在をする

【オーストラリア】学生ビザで滞在をする

オーストラリアの学生には、週20時間の就労が認められています。学生ビザには年齢制限がありません

ポイント

  • 通学と就労時間以外はワーホリのように暮らせる!
  • 高時給なので、週20時間で月2000ドル稼げる
  • 語学学校だけでなくても、政府認定校でOK!

学生ビザを取得するには、「政府認定の学校」「週25時間以上の就学をする」3か月以上の就学」に通学をする必要があります。学校に通うこと以外は、普通のワーホリ生と変わらない生活ができます。

また、政府認定学校の中には、語学学校以外にもビザ取り学校と呼ばれる学校があります。ビザ取り学校は語学学校に比べ授業料が安いことで知られています。»ビザ取り学校とは?

フレン
先ほど、一緒に働いていた30歳以上の方達は学生ビザでオーストラリアに滞在をしていました。(中にはこの方法でワーホリ期間を含めて4年いる方もいました、、、)

【ニュージーランド】留学生ビザで滞在をする

ニュージーランドもオーストラリアと同じく週20時間の就労が認められています

ただ、就学期間は最大4年/海外保険に必ず入らないといけません

時給もオーストラリアとほぼ変わらず高時給なので自然に囲まれたところで生活を送りたい方にオススメです。

学校ビザの取得条件もオーストラリアと同じく「政府認定の学校」/「週20時間以上の就学をする」/「3か月以上の就学」となっています。

【フランス】学生ビザで滞在をする

フランスはパートジョブに限り、3ヵ月以上の学生ビザを取得することで年間964時間以内の労働が認められています。

語学学校や大学でも可能なので、働きながら就労・生活をすることができます。

 

留学/ワーホリエージェントに相談するなら「Global Dive」

ポイント

  • 留学資金から、英語力をサポート!
  • 手数料が無料!カウンセリング料ももちろん無料!
  • 地方在住の方でもスカイプ、Line、電話でのサポート
  • 帰国後の選択肢の多さNo.1!帰国後の就職サポート

 

留学資金から、英語力をサポート

リゾートバイトで資金を貯めて、毎日オンライン英会話25分が無料サポート付き!

海外に渡るための貯金がない方も安心。リゾートでの住み込みバイトでお金を稼ぎ&毎日のオンライン英会話で出国までの間をサポートしてくれます。

リゾートバイトとは?

日本全国にあるホテル・旅館、スキー場、テーマパークなどのリゾート施設にて住み込みで働くお仕事のことです。住み込みで働くため、家賃・食費・光熱費・交通費がかからず、給料を全て貯金することができます。(貯金のない方がワーホリに行くための資金稼ぎ方法として知られています。)

 

手数料が無料!カウンセリング料ももちろん無料!

他の留学エージェントにありがちな、【よく分からない名目の手数料の上乗せ】が一切ありません。手数料が完全に無料なので、他よりも安く渡航することが可能です。

Global Diveは語学学校からの紹介料などから収益を得ているため、みなさんからは手数料を受け取ることなく運営されているのです。

 

地方在住者でも安心!LINEや電話での対応をしています

自分の住んでいる近くにエージェントがない方でも、安心してサポートを受け取ることができます。留学やワーホリのカウンセリングも全てLINEや電話で対応できるのでわざわざオフィスまで行く必要はありません。

オフィスに出向いて対面でしっかり話を聞きたい方は、東京・大阪にオフィスがあるので伺ってみると良いですよ!

 

帰国後の選択肢No.1!帰国後の就職サポートも

他のエージェントにはあまりないサポートですね。海外から帰国したあとでも、日本で安心して仕事探しができるように、転職サポートがあります。

留学やワーホリ経験者に特化した転職サポートとなっており、海外渡航経験のある人を採用したい企業とあなたを結びつけてくれます!

 

まずは、相談してみよう!

実際にあなたがどのようなワーホリができるのか?エージェントに相談してみましょう!専門のスタッフがどういう風にやっていけばいいのかアドバイスをしてくれます
ポイント!
全て自分でするとなると時間がかかってしまいます。年齢のことも含めて、ワーホリ/留学に必要なことはなんなのかエージェントに相談してみましょう!

Global DiveのHPへ! 

 

まとめ:30代の方でも学生ビザで海外にいける!

ここまでをまとめると・・・
・ワーホリには年齢制限があるので、早めに申請/取得をする

・31歳以上の方でも、学生ビザを使えばワーホリと同じような生活ができる

・まずは、相談(カウンセリング)して、必要な情報を手に入れる!

以上、ワーホリの年齢制限に関してまとめましたが、学生ビザで海外に滞在に挑戦するなら留学カウンセラーの方に相談してみましょう。

留学カウンセリングでは、学生ビザで滞在する方法について無料で相談することができます。具体的な渡航方法からビザ取得までのプロセスについて聞くことができます。

LINE(ライン)やSkype(スカイプ)での相談ができるので、わざわざオフィスまで行く必要はありません。私も語学留学を行う前にカウンセリングを受けて渡航方法について具体的なアドバイスを受けました。

カウンセリングを受け、渡航計画を立て、夢の海外生活を送られてください。
»無料カウンセリングを受けてみる