韓国へワーホリ!ビザ情報・おすすめポイント

日本と近く、KPOPや韓国ドラマの有名な国。
日本人観光客も多いから、日本語を話せる方もいます。

韓国語は日本語と発音が近いことから学ばれる方多いです。

この記事では、韓国のビザ情報についてまとめています。

おすすめ!
他の国のワーキングホリデービザ情報についてはこちらから

韓国について

韓国の環境

首都はソウル。日本にとても近く飛行機で2時間で行くことができます。
また、韓国語の文法や発音はとても覚えやすく、韓国の文字「ハングル文字」も40個の発音記号でできているため習得しやすい言語です。
韓国の食は、おいしいものがたくさんあるので、毎日楽しみながら食べることができるでしょう。

韓国に近いため渡航費が安く、生活費も低いことからワーホリ費用があまりかからないです。

最低時給

近年の韓国の最低時給は、近年上がっていき10年で2倍になっています。

現在の時給は8350ウォン(約835円)です。
また、2020年には1000ウォンを超えるともいわれています。

ただし、中には最低時給を守らないところがあるので注意が必要です。

日本人が就く仕事

日本食レストラン、バーのスタッフやコスメショップのスタッフをさえている方がいます。

韓国のお店で、働くには一定以上の語学力が求められるので語学学校に行くなどして、語学力を身に付けてから仕事を探されるとよいです。

日本との時差

日本との時差はありません。

日本の家族や友人と電話を頻繁にされるかたは、時間をあまり気にしなくて大丈夫ですね。

韓国ワーホリビザの基本情報

年齢18歳~29歳(30歳は申請不可)
滞在期間入国した日より1年間
就労制限なし
就学制限なし
ビザ申請料無料
ビザ発給人数10000人

ビザ申請基準

一般条件

  • 日本の国籍を有しており、18歳以上30歳以下の扶養家族を同伴しない方。
    ※但し,各領事館ごとに年齢制限などの違いがあります。詳細は直接お問合せ下さい。
  • 韓国滞在の主目的は休暇で、就労は滞在中の資金を補うための付随的なものであること。
  • 滞在予定期間の生活を維持するための相当な資金を所持していること。
  • ワーキングホリデービザで以前に入国したことがないこと。

資金証明

ビザの申請時に預金座高証明が必要です。
最低でも30万円が入っているものを用意しましょう。
ビザ申請時から3か月以内でないと認められませんので注意してください。

ビザ申請に必要なもの

  • ビザ申請書(韓国大使館HPでダウンロード)
  • パスポート(残りの有効期限が1年間以上)
  • カラー写真(縦4.5×横3.5センチ)
  • 預金残高証明書(30万円以上)
  • 往復航空券のコピー
  • 最終学歴証明書(卒業証明書・在学証明書・休学証明書のいずれか【日本語可】)
  • 旅行日程及び活動計画書(英語または韓国語、月単位で作成)
旅行日程及び活動計画書について
A4 サイズに韓国語か英語で作成しなければいけせん。
特に、作成に関して決められた様式(フォーマット)は決められていません。
入国日出国日志望理由(月単位で)活動内容・帰国後の計画を書いておけば大丈夫です。
【基本的に韓国語と英語で作成しなければいけませんが、大使館/領事館によっては日本語でよいところもあるみたいです。作成をする前に1度電話で確認をしてみるといいでしょう。電話は日本語でかけられます。】

ビザ取得までの流れ


Step1
申請書をダウンロード
韓国大使館のHPで「ビザ申請書」をダウンロード。

Step2
申請書類を記入する
日本語で記入することができます。
Step3
必要書類を大使館/領事館へ
必要書類(ビザ申請に必要なもの)を全て準備したら、韓国領事館へ持っていきましょう。
Step4
審査
韓国大使館/領事館で審査されます。1~7日ほどかかります。
Step5
ビザを受け取る
ビザが大使館/領事館の窓口で受け取ることができます。
受け取り時間は14:00~16:00(土日祝は除く)

日本にある韓国領事館/大使館の場所

ビザを申請するために、韓国領事館/大使館に必要書類を持っていかなければいけません。

お住いの地域にある場所を把握して持っていきましょう。

領事館/大使館電話番号住所
韓国大使館03-3452-7611~4〒106-0047
東京都港区南麻布1-2-5
札幌韓国総領事館011-218-0288〒060- 0002
北海道札幌市中央区北2条西12丁目1-4
仙台韓国総領事館81-22-221-2751~3〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉1丁目4-3
横浜韓国総領事館045-621-4531~3〒231-0862
神奈川県横浜市中区山手町118番地
新潟韓国総領事館025-250-5555〒951-8131
新潟県新潟市万代島5-1万代島ビル8F
名古屋韓国総領事館052-586-9221〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南1-19-12
大阪韓国総領事館06-6213-1401~5〒541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町2丁目5番13号五味ビル
神戸国総領事館81-78-221-4853/5〒650-0004
兵庫県神戸市中央区中山手通2-21-5
広島韓国総領事館082-568-0502〒732-0805
広島県広島市南区東荒神町4-22
福岡韓国総領事館(092) 771-0461~2〒810-0065
福岡県福岡市中央区地行浜1-1-3

まとめ:韓国文化が大好きなひとにオススメ

日本にとても近いことから、行かれる方は多いです。

ビザ申請もほかのワーホリビザの申請に比べると比較的に簡単に行うことができます。(旅行日程及び活動計画書を除く)

韓国には、KPOPや韓国ドラマ、グルメ等々楽しめる要素がたくさんあります。
ビザ申請に気負わずに、挑戦されてみてください。

おすすめ!
他の国のワーキングホリデービザ情報についてはこちらから