【スペイン】ワーホリビザ情報について

2017年からスタートしたスペインワーホリ。 まだまだ情報が少ないため、仕事が見つかるのか/英語が通じるのか/どんな国か不安な方が多いと思います。
本記事の内容
  • スペインの基本情報
  • ワーホリビザ情報
  • ビザ申請基準
  • ビザ取得の流れ
この記事では、スペインのワーキングホリデービザ情報について解説しています。

スペインについて

 

スペインの環境

首都はマドリードです。 話されている言語は、スペイン語です。 スペイン語はスペインだけでなく、南米やラテンアメリカの諸国を含む世界21か国で話されています。 第3言語として学ばれる方もいます。 スペインの気候は日本に比べ、晴れの日が多いため1年を通して過ごしやすい気候です。 また、スペインの方々は陽気で明るい方が多い国でもあります。 サッカーやテニス、自転車競技などのスポーツも盛んで、その中でも、特に盛んなサッカーではレアル・マドリードやFCバルセロナといった世界的に強豪なクラブがあります。

スペインの最低賃金

スペインは最低時給はなく、最低月額が定められています。 2018年の12月に最低賃金の引き上げが行われ、900ユーロ(日本円で約112000円)となっています。 ただし、パートタイムジョブは賃金の値段が下がる場合があります。 また、スペインでの賃金の支払いは年に14回あります。これは、6月と12月に2回支払われるためです。

日本人が就く仕事

職業スキルがあれば、あまり話せなくても専門的な職業に就けます。 (例:美容師、理容師、SEなど) そのほかの職業に就く場合、ほかのスペイン人との競争になるので、スペイン語が話せないと厳しいです。 また、ビザの関係上1年間しか働くことができない点もあります。

日本との時差

スペインは日本に比べて、8時間遅れています

ワーホリビザの基本情報

年齢18歳~30歳(31歳は申請不可)
滞在期間入国した日より1年間
就労明記なし
就学明記なし
ビザ申請料無料 ただし、NIE番号の申請費として 1288 円が必要
ビザ発給人数500人

ビザ申請基準

ビザ申請基準

一般条件

  • 日本国籍を所有し、かつ日本に在住していること。
  • ワーキングホリデー査証申請時の年齢が十八歳以上、三十歳以下であること。
  • 被扶養者を同伴しないこと。
  • 有効な旅券を所持すること。
  • 帰国のための切符、又はそのような切符を購入するための十分な資金を所持すること。
  • 受入国スペインにおける滞在の当初三箇月間に生計を維持するための月毎最低€532.51、合計€1,597.53に相当する資金を所持すること。
  • 以前にワーキングホリデー査証の発給を当該締約国政府から受けていないこと。
  • 健康であることが医療診断書により確認されること。
  • 犯罪経歴を有しないことを申告すること。

資金証明

ビザ申請時に資金証明をしなければいけません。 いづれかの1つが資金証明として使うことができます。
資金証明になるもの
  • 銀行の残高証明書(銀行で申請1か月前に発行されたもの)
  • 本人名義の通帳のコピー(通帳の表紙と直近数か月の出入力記録をコピーしたもの)
申請に必要な額は月532.51ユーロ以上に相当する資金の最低でも3か月分1597.53ユーロ以上は必要です。 申請前にない場合は家族から借りるなどして、一時的に残高を増やして証明書を発行することもできます。

ビザ申請に必要なもの

  • 査証申請書 (パスポートと同じ署名で、必要事項がすべて記入されているもの ※右上に4.5×3.5cmのカラー写真(背景白)を貼付)
  • パスポート(入国日から残りの有効期限が1年以上のもの)
  • パスポートのコピー (写真と個人データのページを1部/記述があれば、そのページもコピーしておく)
  • 住民票(発行から90日以内のもの)
  • 航空券の予約証明 いづれかのどちらか:1年オープンの往復チケット/往路のみのチケット(復路分のチケット代金を残高証明にプラスする)
  • 資金証明 (月に532.51ユーロ以上に相当する資金。最低でも3か月分の1597.53ユーロ以上)
  • 健康診断書 (スペイン大使館の雛形に基づいて医師が記入・署名したもの:病院の印鑑も必要かつ、発行から1か月以内のもの)
  • EX-15 (NIE(外国人登録番号)を申請するための申請書:NIE申請料として1,155円必要)
  • 宣誓書(パスポートと同じ署名のもの)
  • 旅行日程表(各月ごとの大まかな日程:スペイン語、または英語。)
  • 日本の連絡先データ用紙(大使館に連絡して入手)
  • 返信用封筒(定型サイズで、宛先等を記入し、82円切手が貼られたもの)
  • 宿泊証明書(スペイン滞在当初の滞在先を示すもの)

ビザ取得までの流れ

ビザ申請の流れ
Step1
必要書類をHPからダウンロード
ワーホリビザ申請を行うために必要な書類のダウンロードをします。 ビザ申請書/旅行日程表/供述書/健康診断書/NIE申請書をダウンロードします。

申請書などを入手する

Step2
必要書類を準備
申請に必要な書類の準備をしましょう。
Step3
必要書類を提出
大使館へ行き、必要書類を提出します。郵送はできません。
Step4
審査
大使館にて審査が行われます。(約1か月)
Step45
ビザを受け取る
審査を通過すると、郵送で申請結果が届きます。 その後、ビザを受け取りに大使館へ行きます。

スペイン大使館の所在地

郵便番号:〒106-0032 住所:東京都港区六本木1-3-29 電話番号:(813) 3583-8531,  3583-8532 時間:月曜日~金曜日、9:30 ~ 12:30

まとめ:スペイン語を学びたいなら

世界21か国で話されているスペイン語! スペイン語を話せるようになりたい!もっと勉強したい方はぜひ、ワーキングホリデーでスペインに訪れてみてください。
ビザ情報一覧
他の国のワーキングホリデービザ情報についてはこちらから