在留届を提出しよう【ワーキングホリデー/留学】

オーストラリアにワーキングホリデーで渡豪したら、在留届を提出しましょう。
オンラインで申請することができるので、気軽に申請することができます。

在留届とは

日本人の方は海外に3ヶ月以上滞在する場合、大使館に提出することが義務付けられています。

申請をするとどうなるの?

海外で事件や事故、災害に巻き込まれた際、在留届で提出しているの情報を元に、
日本国大使館や総領事館が安否の確認や緊急連絡、救援活動等を迅速に行ってもらう事ができます。
また、日本に住む自分の家族にもその情報が連絡されます。

 

治安の良いオーストラリアですが、いつ災害や自分が事故に巻き込まれるかわかりません。また、家族の方が連絡が取れないので事故に巻き込まれたのでは?といった時にも、大使館を通して安全の確認をすることができます。

フレンくん

自分のためでなく、日本にいる家族を安心させるためにも申請しておいた方がいいです。

申請方法について

在留届の申請方法には2通りあります。自分の都合がいい方を選んで申請をするようにしましょう。

オンラインから提出をする

外務省が運営をするホームページ「ORR.net」へアクセスをして、提出に必要な情報を入力しましょう。

外務省のホームページへ

入力する内容は、
自分の名前、本籍地、緊急連絡先、日本国内連絡先(住所、電話)、旅券番号(パスポート番号)、同居家族(配偶者・子供)、同居家族連絡先(携帯、メールアドレス)、それからオーストラリアの住所や電話番号といったものです。

申請自体にかかる時間は5〜10分ほどで済みます。すぐ終わるのでこちらの方が簡単です。
また、こちらから、在留届の提出内容変更も行なうことができます

Point!
在留届の提出が完了後、登録したメールアドレスに在留届受け取りの確認メールが届きます。
住所などに
変更があった場合、「ORR.net」から変更が可能です。その際、最初に登録したパスワードが必要となりますので忘れないようにしてください。

領事館、日本大使館で提出をする

領事館や日本大使館に直接行き提出を行なうことができます。

ネットからの提出が難しい方や心配な方はこちらを選ぶようにしましょう。

フレンくん

運転免許の翻訳をもらうついでに、私は申請をして来ました

まとめ

オーストラリアで生活を行なう場所(住所)が定まったら、在留届を提出しに行きましょう。

在留届はインターネット「ORR.net」から簡単に申請を行うことができます。

オーストラリアに滞在している人の中には、提出をしていない方もいますが、近年、世界的にテロなどの危険性が高まってきているので、日本に住む家族を安心させる意味でも提出を行なった方がいいです。