【おすすめ海外SIMカード】iPhone/Androidでの設定方法・使い方も解説!

「海外で使えるSIMカード(シムカード)はどんなものがあるの?そもそも海外SIMって何?自分のiPhoneでも利用・設定することは可能なのかなぁ〜」

海外旅行や仕事で使えることができるSIMカードについてわかりやすくまとめます。私も海外旅行で利用するiPhoneの設定についても解説していきます。

1.海外SIMカード(シムカード)とは?他の通信手段と比べて格安!

海外SIMカード(シムカード)は、海外でも自分が利用している端末(スマホやタブレット)でネットが使えるようになる海外専用SIMカードです。

iPhoneの場合

通常、海外でインターネットを利用する場合、ご利用キャリア(DOCOMOなど)海外インターネットローミングがされ、通信料が高額になってしまいます。もしくは、通信不可。「海外でも日本と変わらないように安くネットを利用したい!」という際に海外SIMカードを利用します。

日本キャリアのまま海外でスマホを使った場合

①.通信料が高い

日本キャリアSIMのまま、海外でデータ通信を行うと日本の料金とは違うため、高額請求になります。

アメリカで通信を行った場合

(現地の通信業者に自動的に繋がれます。下の料金はあくまで参考。)

docomo:1.6円/KB

au:1.6円/KB

SoftBank:5円/KB

 

上記の値段はKB(キロバイト)ごとの料金です。普段、私たちが利用しているGB(ギガバイト)にすると、(上記の値段)×100万です。

フレン

現地で普段使いをしてしまって、帰国後に請求書を見てみると100万円以上の請求書がくるなんてことになります。。

 

②.通話料金が高額になる

通話料金も同様に高額な請求がされてる場合があります。また、あまり知らない方が多いですが、電話はかけるだけでなく、かかった電話を受け取るだけでも通信料金が発生してしまいます。

また、その電話料金は1分ごとに料金が発生します!!

アメリカで電話を行った場合。1分ごとの料金
発信▶︎滞在国発信▶︎日本着信
docomo125円140円175円
au120円140円165円
SoftBank125円140円175円

 

2.海外SIMカードを使うメリット

フレン

面倒な設定があってめんどくさいと思うかもしれませんが、SIMカードを利用するには下記のメリットがあります♪

現地の通信料金のまま利用することができる

SIMカードを利用する1番の利点は、通信料金が他の通信方法に比べて安く利用できることです。現地の通信料金またはそれとほぼ同等の料金で利用することができます。

SIMカードを変えるだけで、次回以降も利用できる

設定やSIMフリ端末を用意するなど準備は面倒ですが、1度設定を行えば次回以降、海外に出かける際にSIMカードを入れ替えるだけでネットを利用することができます。

いちいち、レンタルWiFiを借りることや通信キャリアのプラン変更などをしなくも済みます。

 

3.海外SIMカードで気をつけたいこと

SIMカードには3サイズある

SIMカードのサイズは大きいものから、「Mini-SIM」「Micro-SIM」「Nano-SIM」の3種類があります。お使いの端末によって利用できるサイズが異なるので注意が必要です。

ちなみに、iPhoneをお使いの方は、5以降はNano-SIM。4/4SはMicro-SIM。3以前はMini-SIMサイズとなっています。

フレン

SIMカードを購入する場合には、3サイズが同時に付いてきます。ただし、型から切り離す際はサイズに気をつけて外してください。

SIMフリースマホでないと使えない

SIMカードを利用する場合で1番注意しなければいけないのでが、端末がSIMフリー端末でないといけない点です。

日本のキャリアショップで購入を行った場合。他キャリアで使えないようにSIMロックがかけられています。そのため、SIMを購入したからといってネットが利用できる訳ではありません。

SIMカードを利用する方法としては、2通りあります。

①.端末のSIMロックを解除する

ご利用のキャリアによってSIMロックを解除するには、条件があるので下記のリンクよりご確認ください。購入してから何ヶ月はSIMロックが解除できないなどの条件があるので、全ての方ができる訳ではありません。

【docomoご利用の方】SIMロック解除条件

【auをご利用の方】SIMロック解除条件

【SoftBankをご利用の方】SIMロック解除条件

 

②.SIMフリースマホを購入する

SIMロック解除ができない場合/頻繁に海外に行かれる方は、SIMフリースマホを購入することをオススメします。

大手ネットサイト「Amazon」や「楽天」で、Androidの端末を購入することができます。

 

【ポイント!】レンタルWiFiでなら、SIMフリー端末でなくても利用できます

SIMロックを解除できなかった/今使っている端末を海外でも利用したい方は、レンタルWiFiを借りましょう。

SIMカードを利用するより少し値段は上がりますが、現在お使いの端末でも現地で利用することができます。また、最近では、通信量無制限プランなどのサービスも展開されるようになるなど、データ通信を多くする方にも嬉しいプランもあります。

料金も韓国では570円〜/1日(グローバルWiFi)とそこまで高額ではありません。

関連記事

渡航国別の安いレンタルWiFiを探したい方はこちら。料金を調べる。

【国別まとめ】海外で使えるポケットWiFi一覧|おすすめレンタルサービス

 

4.iPhone/Androidでの海外SIMカードの設定・使い方

ありがたいことに、現在Amazonや楽天では100ヶ国以上で使えるようなSIMカードがたくさんあります。今回はその中でも、日本で購入することができるエアシムの使い方について解説していきます。

フレン

一緒に、もともと日本で使っているSIMカードを保管するためのケースがあると便利ですね
Point!
日本で設定を済ませておくことをおすすめします。設定を行うためには、WiFi環境が必要になります。また、先に設定しておくことで現地に着いてすぐにネットを利用することが可能です。

 

4-1.SIMカードのサイズを間違えずにセットする

自分の使用する端末に合うサイズのSIMカードを購入したカードから切り抜く。

SIMカードスロット(差し込み口)は、スマホ本体の横などにあります。通常、スロットを開くために、ピンで横の小さな穴を押さなければいけません。ピンの穴は非常に小さいです。

今回使用するSIMカードをスロットに入れ、本体にまたセットしましょう。

SIMのサイズについて

iPhoneをお使いの方は、5以降はNano-SIM。4/4SはMicro-SIM。3以前はMini-SIMサイズ。

Androidをお使いの方は、ご自身が使っているSIMカードとサイズを照らし合わせながら、どれが当てはまるか確認してください。

4-2.専用アプリをダウンロード

エアシムを起動するためには、アプリから設定を行わなければいけません。エアシム専用のアプリをダウンロードしましょう♪

  

4-3.SIMカードを登録

続いて、アプリから使用するSIMカードの登録を行いましょう。

アプリを開くとICCIDの入力欄が現れます。こちらは、AIRSIMカードの裏面に書かれているICCIDを入力すれば大丈夫です。ちなみに、横のカメラマークを押せば、カメラで読み取ることも可能です。
続いて、こちらの画面になります。上から、

1.アクティベーションコード
Activation code
(AIRSIMカード裏に記載)
2.メールアドレス
3.あなたの国(日本を選択)
4.電話番号

をそれぞれ入力してください。

 

4-4.国を選択。通信プランを購入

下の地球模様を選択。すると、こちらの画面になります。

国一覧の中から、渡航する予定の国を選択。通信量と日数・通信開始日などの選んでお支払いを済ませれば、通信開始日より使用することができます。

4-5.設定方法がわかりずらかった方へ

YouTubeの方で、動画にて日本人の方がアクティベートの方法を解説していますので、そちらを参考にしていただければ、わかると思います。

 

まとめ:海外SIMカードはAIRSIM!

フレン

設定など難しそうですが、やってみると案外楽にできます。また、1度設定をすれば今後の海外旅行でも同じSIMカードを利用することができるので、便利です。以上、海外SIMカードについての解説でした。

海外レンタルWiFiとの料金と比べて、海外SIMカードを購入するか決める方は、こちらの記事をご覧ください。各国ごとにレンタルWiFiの料金をまとめていますので、格安WiFiがすぐにわかります。

【国別まとめ】海外で使えるポケットWiFi一覧|おすすめレンタルサービス