【充電できない】ハワイでiPhone(アイフォン)を充電する方法

これから、ハワイに渡航する方でアイフォンを充電するにはどうしたらいいのか気になる方は多いと思います。

海外に出ると電圧やプラグの形状が日本と異なるので変換プラグや変圧器が必要になってきます。そこで今回はハワイの電気事情について解説します。

本記事の内容
  • ハワイでアイフォンを充電する方法
  • ハワイでもiPhoneでネットが使えるようにレンタルWiFiを借りて行こう

ハワイでアイフォンを充電する方法(コンセント形状や電圧)

ハワイでアイフォンを充電をする前に知って置かなければいけないことが2つあります。

・ハワイのプラグの形状

・日本との電圧の違い

この2つについて注意をすれば、ハワイでもアイフォンを充電することができます。

ハワイのプラグの形状(コンセント形状)

日本とハワイでは、プラグの形状が若干異なります。

下記の図で説明すると日本がA型なのに対して、ハワイはA型になります。同じA型ですが、ハワイのものはA型の差し込み口の間に丸い穴が空いています。

日本の物を差し込んで不安になる方もいらっしゃると思いますが、そのまま差し込んでも大丈夫です。

日本との電圧の違い

ハワイと日本では電気の電圧が異なります。

日本の電圧:100V

ハワイの電圧:110〜120V

ただ、電圧の差はそこまで大きくないので、純正のアイフォン充電器であっても充電することは可能です。

純正の充電器を持っていない方は気をつけましょう!

純正の充電器を持っていない方は、充電機が海外の電圧に対応しているか確認しましょう。
対応電圧については、各充電器の裏側に記載されている場合が多いです。

対応電圧がわからない場合は、海外の電圧でも充電することができる充電器を購入しましょう。
純正ではないもの(他のメーカーのもの)を使って充電を行うと最悪スマホが破損してしまします

オススメは、Anker(アンカー)の充電器です。私は海外によく出かけるのですが、どの国でも使うことができるので非常に助かっています。

アイフォン以外にも電化製品などを持っていく場合

アイフォン以外にも、電化製品を持っていく場合は変圧器を持っていきましょう。ほとんどの日本製品はハワイでも対応していますが、中には対応できていないものがあるので注意が必要です。

パソコンは、元々充電ケーブルの途中に変圧器が備わっているものもあります。Mac Bookなどアップル製品であれば変圧器は必要ありません。

ただし、ドライヤーや髭剃りなどの日本のものを持っていく方は、変圧器が必要です。海外でも日本の電化製品を利用したい方は、変圧器を持っていくようにしましょう。

ハワイでもiPhoneがネットに繋がるようにレンタルWiFiを借りて行こう

旅行で渡航する方は、ハワイでもインターネットが使えるようにレンタルWiFiを借りていくようにしましょう。

ハワイもフリーWiFiが充実していますが、旅行地では設置されていない場合が多いです。

ハワイに長期滞在をする方は、アイフォンをシムフリーにしなくてはいけないので、各キャリアに問い合わせるようにしてください。

レンタルWiFiを借りるメリット
・フリーWiFiのようにいちいち会員登録をする必要がない

・家族/友人と一緒に行動する場合すぐに連絡をすることができる

・日本にいる時と同じようにインターネットを利用することができる

〜おすすめのレンタルWiFi〜

・アロハデータ:1日690円〜と格安で借りれるWiFi!

無制限で使えるので、通信量を気にすることなく利用することができます。

・グローバルWiFi:空港受け取り数No.1!

年間1000万人の方が利用されているレンタルWiFiです。

おすすめはコレ!「アロハデータ」

おすすめポイント
・自宅配送がある(無料)

・1日690円からレンタルできる

・通信データ容量無制限が利用できる

・ご出発1ヶ月前の申し込みで10%OFF

現地の通信会社の回線を利用しているため、安定した通信をすることが可能です。
また、WiFiの自宅配送(無料)を提供しているので、空港でわざわざ受け取らなくて済みます。

データ容量/日料金/日
4G/LTE 大容量700MB690円
4G/LTE 無制限
無制限780円

≫ アロハデータの詳細をみる

「グローバルWiFi」空港受け取り数No.1

おすすめポイント
・豊富なデータプラン

・オプションでWi-Fi機器以外のレンタルが可能

・空港受け取りの場所が多い

・ご出発日の3日前に申し込みで200円引き
【さらに、当サイト(フレンの家)からの申し込みで受け取り手数料が無料!】

年間で100万人の方が利用されているグローバルWiFi。レンタルプランが3つあり、ご自身の利用状況によって選ぶことが可能です。

また、空港受け取り場所は業界最多の16ヶ所もあり、安心して受け取りたいのなら「グローバルWiFi」がおすすめです。

・新潟空港
・小松空港
・伊丹空港
・関西国際空港 第1ターミナル
・関西国際空港 第2ターミナル
・福岡空港
・宮崎空港
・鹿児島空港
・那覇空港
・旭川空港
・新千歳空港
・仙台空港
・成田国際空港第1ターミナル
・成田国際空港第2ターミナル
・羽田空港国際線ターミナル
・静岡空港
・中部国際空港(セントレア)
・大分空港

データ容量/日料金/日
4G/LTE300MB1,170円
➡︎970円
4G/LTE 大容量600MB1,470円
➡︎1,270円
4G/LTE 超大容量1.1GB1,670円
➡︎1,470円
4G/LTE 無制限無制限2,370円
➡︎2,170円

*➡︎(赤線)価格は早割(3日前)と当サイト(フレンの家)限定割引を適用した価格です。

グローバルWiFiのWiFiをレンタルする ≫

グローバルWiFiの評価/口コミをみる ≫

関連記事 ハワイで利用可能なその他の海外WiFiについて

ハワイで利用できるその他のレンタルWiFiについては以下の記事で詳しく解説しています。

各レンタルWiFiの料金やサービスについて知りたい方はご覧ください。